三康文化研究所/三康図書館

>
西村実則プロフィール

西村実則 (にしむら みのり)

 

 

専門分野:釈尊伝・印度部派仏教・近代仏教学の確立

 

学歴

 

1970年3月 大正大学大学院 博士課程 修了

 

職歴

 

19841999 大正大学 仏教学部 仏教学科 非常勤講師

 

19992002 大正大学 人間学部 仏教学科 特任助教授

 

20022004 大正大学 人間学部 仏教学科 助教授

 

20042010 大正大学 人間学部 仏教学科 教授

 

2019     大正大学 名誉教授

 

 

 

著書

 

『仏教とサンスクリット』山喜房仏書林 2017

 

『ブッダの冠-仏・菩薩の持ち物考-』大法輪閣 2013

 

『修行僧の持ち物の歴史』山喜房 2012

 

『荻原雲来と渡辺海旭-ドイツ・インド学と近代日本』大法輪閣 2012

 

『アビダルマ教学-倶舎論の煩悩論』-法蔵館 2002

 

                                  ほか多数

 

 

 

論文

 

・近代におけるサンスクリット文法書の出版―シュテンツラー・ピッシェル・荻原雲来―

 

(『大正大学研究紀要』第103号 20183)

 

・宇井伯寿のテュービンゲン留学

 

(『大正大学研究紀要』第102号 20173)

 

・『仏本行経』「昇忉利宮為母説法品」について

 

(智山学報』第65号 2016)

 

・法隆寺・佐伯定胤と渡辺海旭―仏典の伝統的研究と原典研究―

 

(『大正大学研究紀要』第100号 20153)

 

・ハイデルベルクのヴァレザーと友松円諦

 

(大正大学『綜合仏教研究所年報』20133)

 

・近代における原典研究の幕開け

 

(大正大学『綜合仏教研究所年報』20123)

 

・『無量寿経』にみられる天女

 

(『大正大学研究紀要』第97号 2012)

 

・水瓶-バラモン教・仏教からみた水

 

(『大正大学研究紀要』第96号 20112)

 

・観音の冠

 

(『大正大学研究紀要』第95号 20122)

 

・阿弥陀経

 

(『浄土教の世界』TU選書 大正大学出版部 20113)

 

・荻原雲来のドイツ

 

(『三康文化研究所年報』第42号 20113)

 

・近代における原始仏教学の導入--『阿含経』に光を当てた人びと

 

(『仏教文化研究』2010)

 

・初期インド仏教にみる天界と出家

 

(『大正大学研究紀要』第94号 2009)

 

・仏教における無所有の精神

 

(『大正大学研究紀要』第92号 2007)

 

・仏教における香の歴史--戒は香なり

 

(『仏教文化研究』第50号 2006)

 

・千子と千仏--転輪聖王神話の一展開

 

(『大正大学大学院研究論集』第29号 20053)

 

・『阿弥陀経』と『称讃浄土仏摂受経』--相互対照

 

(『仏教文化研究』第46号 2002)

 

・マーヤー夫人の死とブッダ

 

(『大正大学研究紀要』第87号 2002)

 

・大衆部・説出世部の僧院生活(3)『アビサマーチャーリカー』1・五〜七(和訳)

 

(『大正大学研究紀要』第86号 2001)

 

・極楽往生者の日常生活() 他国土飛行 (仏身・仏土)

 

(『大正大学研究論叢』第8号 2000年3月)

 

・「白象入胎」をめぐる有部と大衆部 (佛教をいかに學ぶか--佛教研究の方法論的反省)

 

(『日本仏教学会年報』第66号 2000)

 

                                  ほか多数

ページの先頭へ