三康文化研究所/三康図書館

>
>
講演会

講演会情報

旧大橋図書館創立120周年記念事業 第1回講演会

 

 旧大橋図書館(1902-1953)は、明治を代表する出版社「博文館」創業者の大橋佐平が設立を志し、息子の新太郎により設立された私立図書館です。

 多岐にわたる資料は子どもから大人まで幅広い層に利用され、すべての資料が三康図書館に引継がれています。

 2022年は旧大橋図書館が開館し120年という節目を迎えます。この機会により多くの人々に旧大橋図書館の歴史や功績、所蔵資料の魅力を伝え、利用してもらうため記念事業として各分野の図書館等と連携し資料展示や講演会、見学会に取組みます。

 第1回目は、旧大橋図書館をテーマに講演会を行います。

 

 

開催日時:2022年6月25日(土)14:00~15:30

開催方法:オンライン開催(Zoomミーティング)

      *会場(三康図書館閲覧室)参加者について先着10名まで受付いたします

講演者・講演テーマ:奥泉 和久  氏(大妻女子大学非常勤講師)

定員:先着80名(Zoom視聴枠)

    *定員を超えた申込があった場合、YouTubeライブ視聴用URLをお送りします

    *会場(三康図書館閲覧室)参加希望の方は先着10名まで受付します

参加費:無料

申込方法:下記申込みフォームよりお申込みください

      <申込みフォーム>

*お申込みされた方にはアーカイブ動画のご案内があります(視聴期間2週間)

 

 

問い合せ先:三康図書館 TEL:03-3431-6073

 

 

 

ページの先頭へ