三康文化研究所/三康図書館

>
宇高良哲プロフィール

宇高良哲 (うだか よしあき)

 

 

専門分野:日本近世仏教史・浄土宗・天台宗・真言宗・修験宗

 

 

 

学歴

 

19643月 大正大学 文学部 史学科 卒業

 

 

19663月 大正大学大学院 文学研究科 史学専攻 修士課程 修了

 

 

19693月 大正大学大学院 文学研究科 史学専攻 博士課程 単位取得後退学

 

19989月 大正大学にて博士(文学)を取得

 

 

 

 

 

職歴

 

 

1971/41974/3 大正大学 文学部  非常勤講師

 

 

1974/41982/3 大正大学 文学部 専任講師

 

 

1977/41983/3 増上寺史料編纂所研究員

 

 

1978/42012/3 十連寺住職

 

 

1978/4 ~    埼玉県立文書館全県調査員

 

 

1979/4~     浄土宗宝宗史蹟専門委員

 

 

1982/41988/3 大正大学 文学部  助教授

 

 

1988/4 2010/3 大正大学 文学部 教授

 

 

1997/4 ~    三康文化研究所研究員

 

 

2003/4 ~2007/3  大正大学 文学部長

 

 

2005/32008/3 大正大学 理事

 

 

2010/4~     埼玉工業大学 理事

 

2012/4~     大正大学 名誉教授

著書

 『近世新義真言宗史の研究』青史出版 2017年


『触頭制度の研究』青史出版 2017年


『南光坊天海関係文書集』青史出版 2016年


『近世浄土宗史の研究』青史出版 2015年


『南光坊天海発給文書集』吉川弘文館 2014年


『南光坊天海の研究』青史出版 2012年


『増上寺日鑑』文化書院2001 ~2008年 6冊


『近世関東仏教教団史の研究』文化書院 1999年


『関東浄土宗檀林古文書選』東洋文化出版 1982年


『江戸浄土宗寺院寺誌史料集成』大東出版者 1979年


ほか多数

 

 

論文


・「近世天台宗教団における南光坊天海の役割-特にその仲介、斡旋行為を中心に-」
(『大正大学研究紀要』第94号 大正大学 2009年3月)


・「南光坊天海の大僧正補任年次考-「南僧正天海」の発給古文書を中心に-」
(『村中祐生先生古稀記念論文集』2005年6月)


・「江戸時代の天台宗檀林寺院の変遷」
(『佐藤成順博士古稀記念論文集』 2004年4月)


・「近世における修験僧の自身引導問題について」
(伊藤唯真編『日本仏教の形成と展開』 2002年10月)


・「天台宗南光坊天界と真言宗知足院光誉」
(大久保良順先生傘寿記念論文集『仏教文化の展開』 同刊行会 1994年11月)


・「新出隆寛作「法然上人伝」について」

ページの先頭へ