三康文化研究所/三康図書館

>
>
>
古典籍

古典籍 

『甲子吟行絵巻(かっしぎんこうえまき)』

 

三康図書館デジタルコレクションにて公開

松尾芭蕉(マツオ,バショウ)(1644-1694) 著

中川濁子(ナカガワ,ジョクシ)(生年不詳) 画・書

 

出立が甲子であることから甲子吟行とよばれていますが、「野ざらし紀行」という別名もあります。

「野ざらし」は、旅立ちに際して詠んだ一句「野ざらしを心に風のしむ身かな」に由来しています。

「野ざらし紀行」は1684(貞亨元)年8月、松尾芭蕉41歳の秋、門人 千里(チリ)(粕谷甚四郎(カスヤ,ジンシロウ))とともに江戸深川を出発し東海道を上り、伊勢・伊賀(三重県)・大和(奈良県)、京都・湖南地方をめぐり、翌2年尾張(愛知県)・甲斐(山梨県)を経て、4月に江戸深川に戻るまでの紀行文です。

跋文は芭蕉が書いたといわれています。

 

 

 

『梵文金剛盤若經諸譯互證(ぼんぶんこんごうはんにゃきょうしょやくごしょう)』   天・地・人(3冊)

   

法樹(1775-1854)校 

黒田眞洞(クロダ,シントウ) (1855-1916)写

 

梵文(ぼんぶん)…古代インド・アーリア語に属する言語(梵語)で書かれた文章。

金剛般若經…金剛般若波羅蜜多経(こんごうはんにゃはらみったきょう)の略。般若経系の大乗経典の一。一巻。鳩摩羅什(くまらじゅう)の漢訳が知られる。空・無我の道理を説き、禅宗で特に重視される。

諸訳互証…漢訳された仏典を集めて対照し、梵文の意味を推定すること。

「梵語(サンスクリット)で書かれた『金剛般若経』と、鳩摩羅什(344-413)又は(350-409)による漢訳本、笈多による漢訳本など数種類の漢訳仏典と対照させて、梵語の文章の一節の意味を推定した本。飲光(おんこう)(慈雲)(1718-1805)は 江戸時代後期、京都や大坂で活躍した真言宗の高僧。慈雲尊者、葛城(かつらぎ)尊者と尊称されるほか、双竜叟(そうりゅうそう)、葛城山人などの雅号で知られている。独学で梵語を習得する偉業を成し遂げた人で、意志を引き継いだ弟子の法樹(1775-1854)が完成させた。仏教大学の前身浄土宗学本校の初代校長、大正大学の学長も務めた黑田眞洞(1855-1916)による写本。

 

ページの先頭へ